資源循環型社会の実現

資源循環型社会の実現

現在、ELV(使用済自動車)は重量ベースで96%がリサイクルされ、鉄、非鉄金属、貴金属の原料として再利用されています。

エアバッグやASRも適正な処理をし、フロンガスも回収し、低炭素社会の実現の一端を担っています。

自動車が生産されてから役割を終えるまで、廃棄物をできるだけ減らして可能な限りリサイクルし、限りある資源をより有効に利用してゆく【 資源循環型社会 】こそ、リサイクル事業に携わる私たちに課せられた使命です。

新世紀産業は、企業活動を通じて「安全で住みよい豊かな社会」を目指します。