廃車買取に関するよくある質問

廃車買取や自動車解体に関してよくいただくご質問と回答です。

引取りについて

乗らなくなった車があるのですが、引き取ってもらえますか?
山梨県内なら無料で引き取りに伺います。
保管場所や車の状態によってはレッカーで引き取りに伺わなければならない場合がありますので、事前に保管場所及び車両の状況を教えてください。
東京ですが、引き取りに来ていただけますか?
別途費用がかかりますが山梨県外でもお引取りは可能です。
日曜日に車輛の引取りをお願いできますか?
誠に申し訳ありませんが、日曜日・祝日はお休みとさせていただいておりますので、できれば営業日・営業時間内でお願いいたします。
なお、平日にどうしてもご都合がつかない場合は、ご相談に応じますのでお問合せ下さい。

査定・車輛について

事故車ですが買取りしてくれますか?
もちろん、事故車でも買取りいたします。
登録抹消手続きは当社が責任を持って行いますし、抹消手続きの費用は一切かかりませんので、ご安心ください。
放置車輌があるのですが、引き取って廃車にしてもらえますか?
見知らぬ車の場合は、まずは警察に届けてください。 その後、当社までご連絡ください。
走行距離が10万キロを超えているのですが大丈夫ですか?
30万キロ以上走っている多過走行車でも、20年以上乗っているような古い車でも大丈夫です。
無料査定をしてから買取りいたします。
所有者が信販会社・ディーラーになっていますが廃車できますか?
大丈夫です。
ただし、所有権解除手続きが必要になりますので、手続きに必要な書類をご用意いただくことになります。
必要書類は、弊社でご案内いたしますので、ご安心ください。
所有者が亡くなっているのですが廃車できますか?
可能です。
その際は、下記の書類が必要になります。
  • ◆車検証
  • ◆戸籍謄本(亡くなった方と相続人になる方との関係が記載されているもの)※発行から3カ月以内のもの
  • ◆遺産分割協議成立申立書(相続人の実印が押されたもの)
  • ◆相続人になる方の印鑑証明書
  • ◆委任状(相続人の実印が押されたもの)
  • ◆亡くなった方の除籍謄本(戸籍謄本に所有者が亡くなっていることが記載されていて相続人との繋がりがわかれば不要)
  • ◆ナンバープレート
廃車費用はもちろん無料です。
お気軽にご相談ください。

手続きについて

手続きは代行してもらえますか?
もちろん、当社にて抹消手続は無料で代行いたします。
所有者がディーラー・信販会社の場合や所有者が亡くなっている場合などでも可能です。
車検証をなくしてしまったのですが廃車手続きはできますか?
大丈夫です。
自動車登録番号と車台番号がわかれば陸運局で登録事項等証明書を発行、もしくは理由書を提出して廃車手続きができます。
別途費用がかかる場合がありますので、その場合は、事前にご案内いたします。
廃車費用を払うことはありませんか?
リサイクル料金が未預託の場合はリサイクル料金が必要となりますが、車輛の引取り料、レッカー費用、解体処理料、廃車手続き等の費用は無料ですので、ご安心ください。
任意保険はどうしたらいいですか?
任意保険は、ご自身で連絡をしないとずっと契約していることになりますので、必ず保険会社に連絡してください。
解約するのであれば、先付け解約を、廃車にしてすぐ新しい車に乗る予定があるのなら解約せずに、車両入替の申請を、すぐには新しい車に乗らないけど、しばらくしてから車に乗る予定がある場合は中断証明書を、保険会社に発行してもらいましょう。
手続きは何日ぐらいかかりますか?
永久抹消
自動車を解体処理し解体報告記録日の発行までに多少時間が掛かりますので15日前後で完了します。
一時抹消
通常は、御客様から必要書類を頂いてから約一週間程で完了します。
永久抹消と一時抹消の違いは何ですか?
永久抹消は、自動車リサイクル法において自動車を解体し二度と再使用しないという前提で行う手続きで、転売もできません。
一般的な廃車はこれを言います。
一時抹消は、一旦車両の使用を中止する、あるいは税金の支払いを中止しておくといったことなどが前提として行われます。
ですので、車は倉庫などの私有地内に保有することができます。
個人なら海外出張で長期にわたって使用しない時、業者ならオークションや転売などで一時抹消が行われます。

還付金について

自動車重量税と自賠責保険の還付金は?
自動車重量税と自賠責保険の還付金が発生する場合には、車両の買取金額に上乗せをして査定買取金額をご提示いたします。
買取車両の査定金額をご提示する際に、その旨もご説明いたします。
自動車税の還付金は?
自動車税の還付金が発生する場合は、弊社で廃車登録を行ってから2ヵ月程度で各都道府県税事務所からお客様に還付通知が届きますので、最寄りの金融機関にご確認の上、お受け取りください。
軽自動車につきましては、課税金額が低いため、年度の途中で廃車にしても軽自動車税の還付金はございませんのでご了承ください。

上記以外にも不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ